かごの中をみる マイページへログイン ご利用案内 サイトマップ

ユニバーサルクリップアダプタ

スコープテックオリジナルのワンタッチで使えるクリップアダプタを発売しました。スマホにクリップオンで取り付けて、
簡単に月の模様やクレーターが撮影できます。

これまで、スマートフォンで望遠鏡で月を撮影しようとしてもなかなか大変でした。手持ちで撮影しようとしても、
すぐにブラックアウトしてしまい撮影は大変でした。

これまでもスマートフォン用アダプターは、ありましたが、まともな物は、1万円もして、また取り付け取り外しも複雑で
使うのが面倒なものばかりでした。

本製品のポイント

☆ スマートフォンにも接眼レンズに「超絶簡単」に取り付けが出来ます。

☆ カチッと位置あわせするだけで、簡単に月がスマートフォンの撮影画面に入ってきます。

☆ 取り付け取り外しが簡単で、すぐに観察が再開できます。

本製品は外径が15mm から36mm のさまざまな外径のアイピースに対応しています。天体望遠鏡だけでなく、顕微鏡の
アイピースも外形が合えば使用できます。

本製品は外径が適合する接眼レンズの光軸とスマートフォンのカメラの光軸が、クリップの凸部とユニバーサルアダプターのガイドホールの穴が「かちっ」とハメ合うことにより、簡単に合い、ワンタッチで撮影ができる便利な製品です。

ガイドホルダーをアイピースの上から被せるように取り付けて、三つのネジで簡単に取り付けます。

※接眼レンズは含まれません。

秋葉原のスターベース東京さんには、少し在庫があります。
アストロアーツ・オンラインショップでも、お取り扱い中です。

次回入荷は11月中を予定しております。
くわしくはお問い合わせください。

ユニバーサルクリップアダプタ

価格:

3,680円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

1.スマートフォンのカメラレンズ付近をクリップではさむ。この時クリップの穴のあいている側をカメラレンズ側にして
取り付ける。レンズ側から見てクリップの穴とカメラレンズが同心円になるように取付位置を調節する。

※iPhone7以降のiPhoneのように、レンズ部分が本体より厚みがあり、出っ張っているスマーフォンは、
保護ケースの上から取り付けるなどの工夫をすると、本製品が傾かずに取り付けできます。

2.次にガイドホルダーをアイピースに取り付けます。ガイドホールの中心とアイピースのレンズの中心が、
一致するように調整ネジをしめて取り付けてください。

3.望遠鏡にガイドホルダーを取り付けたアイピースをセットします。観測する時と同じように自分の目で天体にピントを
合わせます。注 : 天頂プリズムや天頂ミラーを使用しても、しなくても撮影できます。

4.スマートフォンのカメラを起動します。クリップ部分の凸部とガイドホールの穴がカチッとはまる位置で保持します。
光軸が正しく保持されると、スマートフォンの画面に天体が映し出されます。

※本製品は、カメラレンズと接眼レンズの位置を合わせ、簡単に撮影をするためのものです。スマートフォンを接眼レンズに接続・固定するものではありません。落下や破損の恐れがあるため、スマートフォンから決して手を離さないでください。

5.アイピースの縁で周囲が暗くなるのが気になる場合はカメラをズームインする。また視野の片側が暗くなる時は、今一度ガイドホールの中心とアイピースのレンズの中心がきちんと合っているか確認し、ずれているようであれば、再度『2』の手順を確認してください。

※iPhone7 Plusのようなデュアルレンズカメラの場合、本製品を取り付けるとカメラアプリ側で自動で行われるレンズ選択によって液晶画面に何も映らない場合があります。そのような時は、映る側のレンズをご利用頂くか、iPhoneのカメラアプリ「Microsoft Pix」や「Focus」のような使用するカメラレンズを選択できるアプリをご利用いただくと便利です。

6.スマートフォンの液晶画面で今一度ピントを確認する。シャッターボタンを押し撮影する。両手でしっかりスマートフォンを支えてシャッターを切ります。

セルフタイマーでシャッターを切ると手ぶれが少なくなります。また連写で撮影してブレの無い画像を選ぶのも一考です。

☆撮影のコツやヒント☆

・本製品使用時は、フラッシュはオフにしてください。フラッシュをオンにしても天体に届かないばかりか、
うまく撮影できません。

・対応機種にカバーやケースを取り付けているために、本製品を正しく取りつけられない場合は、
スマートフォンからカバーやケースを取り外してご利用ください。

・本製品をスマートフォンに取り付け、液晶画面を見ると、多くの場合黒い影(ケラレ)が出ます。その際はズームするか、撮影後写真加工アプリなどでトリミングをしてください。

・本製品使用の際、スマートフォンのカバーを取り付けたり、外したりしても四隅の黒い影(ケラレ)が変化します。

・スマートフォンに最初から付属しているカメラアプリ以外にも、サードパーティーから様々なカメラアプリが出ていますが、それらの中には、マニュアルで任意のシャッタースピードやISO感度が設定できたり撮影に便利なものが沢山あります。
それらを試してみると、より良い天体画像が得られる事もあります。

ページトップへ